エステサロンの充実した脱毛施術|独自に設けている保証

医療用を使用する

医療レーザー前後の注意点

美容皮膚科などでレーザー脱毛をする場合、脱毛をする部位に生えている無駄毛を事前に処理しておく必要があります。医療レーザーは黒色のメラニン色素に反応する働きがあるため、無駄毛が伸びている状態だと火傷をする危険があるためです。医療レーザーをするなら、その前日までに肌を傷めないように気をつけながら無駄毛を剃ってから行くことです。 また、レーザー脱毛をしたあとのスキンケアも大事です。基本的に処理をした部位を紫外線にあてるのはNGです。紫外線があたると肌を傷めてしまい、炎症や色素沈着を起こすこともあります。必ず長そでや長ズボンをはいて徹底的に皮膚をガードして、UVカットクリームを塗るなど紫外線対策を心がけることが大切です。

メリットがある医療レーザー脱毛

クリニックで行われているレーザー脱毛は短期間で脱毛が完了するというメリットがあります。一般的にエステサロンでのフラッシュ脱毛の半分の期間で終わると言われています。 そのため、来年の夏までに脱毛をしたい、なるべく早くつるつるになりたいという人にクリニックのレーザー脱毛が向いています。レーザーの種類にもいくつかあります。一般的に、ダイオードレーザーよりもアレキサンドライトレーザーのほうが痛みが強いと言われています。肌が弱い人、痛いのが苦手な人にはダイオードレーザーを取り入れているクリニックがおススメです。 いずれにしてもあまりに痛い場合は麻酔クリームを塗って施術をしてもらえば、無痛でレーザー脱毛ができます。